igaiga’s diary

20代独身男性の本や映画の紹介、日常の出来ごとを記す日記。アウトプットできるよう奮闘中!!

好きな作家

皆さんこんにちは!

本の書評をブログに投稿しているのですが、これまで好きな作家についてあまり触れていなかったな…と思いました。

なので今日のブログでは、私が好きな作家をつらつらと述べていこうと思います。

私は小説の中でも、心が温かくなるものや、青春小説系をよく好んで読んでます。

 

まず、私が大好きな作家の一人は有川ひろさんです。

高校時代までは漫画しか読んでこなかったのですが、本屋で山積みにされているのを何気なく手に取り、どっぷりハマったのが図書館戦争シリーズです。

図書館戦争 図書館戦争シリーズ (1) (角川文庫)

図書館戦争 図書館戦争シリーズ (1) (角川文庫)

  • 作者:有川 浩
  • 発売日: 2011/04/23
  • メディア: 文庫
 

この本をきっかけに、漫画しか読んでこなかった私は小説の面白さに気づくことができました。高校時代の自分よgood job!!と今となっては思います。(笑)

高校~大学時代は有川ひろさんの本を読み漁りました!

 

次によく読む作家は小川糸さんです。

小川糸さんのほっこりと温かい物語にすごく助けられました。

特に以前書評した、「ライオンのおやつ」は2020年読んだ本の中で1番お気に入りの本です。

 

igaigadiary.hatenablog.com

小川糸さんの小説を読んだ後は、毎日丁寧に生きよう、人に優しくなろうと強く思えます。 あと、おいしそうな食べ物の描写が多いので、すごくお腹がすきます…(笑)

 

次に私が好きな作家は、恩田陸さんです。

初めて読んだ恩田陸さんの作品は「蜜蜂と遠雷」だったのですが、人間の心理描写が緻密に描かれており、次の展開が気になりすぎて、ページをめくる手が止まらなかったのを覚えています。

 

 

蜜蜂と遠雷(上) (幻冬舎文庫)

蜜蜂と遠雷(上) (幻冬舎文庫)

 

 

 他に「ドミノ」や「ネバーランド」、第2回本屋大賞の「夜のピクニック」は読んだのですが、「チョコレートコスモス」や「ネクロポリス」など、気になりつつも未読な作品が多いので、今度購入しに行こうと思います。

 

皆さんは好きな作家はいますか?

ぜひぜひコメント欄などでおすすめの作家を教えてほしいです!