igaiga’s diary

20代独身男性の本や映画の紹介、日常の出来ごとを記す日記。アウトプットできるよう奮闘中!!

木曜日にはココアを

f:id:igaiga7010:20210510112653p:plain

 

 

皆さんこんにちは!

青山美智子著「木曜日にはココアを」読了しました。

青山美智子の作品を読んだのは、以前に書評した「お探し物は図書室まで」以来です。

 

 

igaigadiary.hatenablog.com

 

「木曜日にはココアを」は青山美智子さんのデビュー作であり、第1回宮崎本大賞を受賞されています。

青山さんの作品は、そっと寄り添ってくれる言葉がたくさんちりばめられており、今作でも温かい読後感を味わさせてくれます。

 

 

~こんな人に読んでほしい~

・休日に気楽に読める作品をさがしている

・短編小説が好きで、通勤・通学や就寝前など短い時間に読める作品が欲しい

・心温まる物語が大好き

 

 

~あらすじ~

桜並木のそばにある喫茶店「マーブルカフェ」

マーブルカフェで提供される一杯のココアから始まり、東京とシドニーをつなぐ12人の物語がはじまる-

12編で綴られるバトンリレー方式の展開で進行していきます。

 

 

~感想~

今作は心温まる物語ばかりで、急展開がありません。

作中、心にスーッと溶け込んでくるようなフレーズが多く、優しい気持ちにさせてくれました。

 

最初はマーブルカフェの店員視点から話が進行し、1章終えるごとに主人公が変わっていきます。その主人公は前章の登場人物となっており、「次は誰が主人公になるのか…?」ワクワクしながら読んでいました。

 

特に、私個人的なお気に入りは4章と12章

4章では、30代半ばの独身女性2人組のうち1人が結婚することになる話です。

「自分が非常識だと思っていたことでも、違う角度から見たら常識になることがある」というシーンには虚をつかれました。

「物事を多角的に視る」ということが苦手な私自身に語られているような気がして、このシーンを肝に銘じておこうと思います(笑)

 

12章では主人公はネタバレになるので伏せますが……。

締めの章にふさわしい展開でした。1章や他の章での伏線を回収されており、気持ちの良い読後感を体験することができました。

 

青山美智子さんの作品は2作品読了し、セリフだけではなく風景や心情の文体の温かさが魅力だと感じました。

心がすこし荒んだ時に読むとすごく浄化され、青山さんの作品は「心の処方箋」と勝手に命名しています(笑)

 

 

~お気に入りの文章~

「正しい謙虚さというのは正しい自信だし、本当のやさしさは本当のたくましさじゃないかしら。」

 

この文章は6章の主人公である老夫婦の話で出てくる文章です。

どんな目上の人にもぺこぺこせず、年下の人にも威張ることなく謙虚な姿勢は、自信がある人にしかできないこと。

実直で謙虚でいることの難しさを大人になった今、感じる私には心に深く突き刺さったフレーズです。

 

 

青山美智子さんの作品は他にも「猫のお告げは樹の下で」や「鎌倉うずまき案内所」、「ただいま神様当番」があり、気になる作品ばかりです。

また、手に取ってみようと思います!

せひ皆さんも心の処方箋、青山美智子さんの作品を読んでみてください。

 

 

木曜日にはココアを (宝島社文庫)

木曜日にはココアを (宝島社文庫)

 

 

 

 

ホワイトラビット

f:id:igaiga7010:20210504160135p:plain

 

 

皆さんこんにちは!

伊坂幸太郎「ホワイトラビット」読了しました。

 

伊坂幸太郎さんは言わずもがな、有名作家ですね。

本屋大賞2021では「逆ソクラテス」で第4位を受賞、2008年には「ゴールデンスランバー」にて大賞を受賞しています。

「ホワイトラビット」はテンポのいい展開、度肝を抜く急展開で久しぶりにドキドキする読書体験を味わうことができました。

 

 

~こんな人に読んでほしい~

・ミステリー小説初心者

・ミスリード系の本が大好き

・ドキドキ展開の本が読みたい

 

 

 

~感想~

本好きを自称しているのに、伊坂幸太郎さんの作品を読んだことがないのはいけない!!と思い、文庫本フェアで大きく展開されていた「ホワイトラビット」を手に取りました。

普段はこういうミステリー要素が入った作品は読まないのですが、面白くて最後まで読み進めることができました。

 

仙台市で起きた人質立てこもり事件。その事件にSITが出動し、犯人との駆け引きを中心に、展開されていきます。

最初の方は登場人物がたくさん出てきて、物語に置いて行かれないようについていくのに必死でした。

レ・ミゼラブル」のように展開を先回りした語り手がいたり、星座(オリオン座)のうんちくがあったりと、独特な作風です。

しかし、その語り手のおかげで、ミステリー系ジャンルをあまり読んだことがない私でも、内容がストンっと入ってきやすく展開についていくことができました。

 

人質側・犯人側・SIT側それぞれにストーリーがあり、中盤からはそれぞれの話が交差しあっていく展開は、これが噂の伊坂マジックか!!っと感嘆してしまいました(笑)

緻密に練りこまれた伏線と回収

中盤以降のスピード感

読みやすい場面展開

すっかり、伊坂幸太郎さんにハマりそうです。

特に、中盤~終盤にかけて、SIT側の主要人物・夏之目課長のバックグラウンドには感情移入してしまいました。

 

 

伊坂幸太郎さんの初めて読む作品が「ホワイトラビット」でよかったと思います。

次は「ゴールデンスランバー」、「残り全部バケーション」あたりを読んでみようと計画中です。

 

ぜひ皆さん、手に取って読んでみてください!

 

 

ホワイトラビット(新潮文庫)

ホワイトラビット(新潮文庫)

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は、お日柄もよく

 

f:id:igaiga7010:20210502090735p:plain

 

 

皆さんこんにちは!

原田マハ「本日は、お日柄もよく」読了しました。

 

私が今作を手に取った理由は一つ、昔からファンである関ジャニ∞安田君の舞台脚本を原田マハさんが手掛けるから!!笑

本を読むようになってから、原田マハさんの名前はよく拝見するのですが、1度も読んだことがなく…。この作品を読了し、「なんで早く読まなかったんだ!」と後悔しました。

「楽園のカンヴァス」や「たゆたえども沈まず」は本屋大賞にもノミネートされている作品であり、今後読んでみようと思います。

 

 

~あらすじ~

-OLの二宮こと葉は、好意を寄せていた幼馴染の結婚式に参加し、感動的なスピーチをする久遠久美という人物と出会う。久遠久美は伝説的なスピーチライターであり、彼女に弟子入りしたこと葉は、政権交代を訴える野党のスピーチを任されることになる-

 

 

~こんな人に読んでほしい~

・仕事のやる気スイッチを押してほしい

・言葉の力を再認識したい

・物語を通して、いろんな感情体験を味わいたい

 

 

~感想~

この本のジャンルは、お仕事サクセスストーリー。

読んでいて、すごくスカッとする場面や心に沁みる場面があり、感情豊かな作品だと思いました。特に展開はサクっと進行していくので、普段小説を読まない方でもおすすめの1冊です。

 

こと葉は、会社の事務職として安定した生活を送っており、平凡な毎日を送るが幼馴染の結婚式で「言葉のプロフェッショナル」久遠久美と出会い、こと葉の人生が大きく動き出す話なのですが、この作品はスピーチライターを題材にしているので、言葉の重さ・表現する大切さを再認識することができます。

 

-しゃべること以上に大切なこと、人の話を聞く、ということ-

中盤の展開で出てくる、私の好きな文章です。(※一部省略しています)

話すこと以上に人の話を聞くことが大切、聞くことは話すことよりもずっとエネルギーがいる。と語っているのですが、もうその通りだと共感しました。

私はあまり人と話すのが得意ではないのですが、人と話すということは相手から聞いたことを自身で解釈し、返答しなければいけない行為。相手の話を聞いて解釈するという行為が如何にエネルギーが必要か…。

友人とならまだしも、上司やあまり話さない方とお話しする際は聞くことがかなりエネルギーを消費すると感じます。

話し上手は聞き上手ということわざがあるのは、あながち間違いではないですね。私も聞き上手になれるよう意識してみようと思います。

 

 

~印象的なフレーズ~

「本当に弱っている人には、誰かがただそばにいて抱きしめるだけで、幾千の言葉の代わりになる。そして、ほんとうに歩き出そうとしている人には、誰かにかけてもらった言葉が何よりの励みになるんだな、って」

 

人は本当につらいときや挫折しそうなとき、家族や友人などそばにいるだけで安心してくれる人がいると、言葉はなくても言葉以上の力になる。

そして、未来に向けて歩き出している人には、かけてもらった言葉が何よりも勇気づけられる。

この言葉にはすごく大きな力があるなと思います。私自身、人を励ましたりすることが苦手なのですが、手段は言葉だけではないということに気づかされた場面です。

 

 

「本日は、お日柄もよく」

この言葉自体、日常は使用することが少ないですが、今作を読んだ後は何故だか馴染み深い文章となっていました。

結婚式など大切な人へのスピーチの前、仕事が行き詰まり自分を鼓舞したいときにもう一度読みたい作品です。

ぜひぜひ、読んでみてください!!

 

 

 

本日は、お日柄もよく (徳間文庫)

本日は、お日柄もよく (徳間文庫)

 

 

なんのために学ぶのか

 

f:id:igaiga7010:20210429111204p:plain

 

 

皆さんこんにちは!

 

池上彰「なんのために学ぶのか」読了しました。

池上彰さんはテレビ番組によく出演しており、わかりやすい解説で政治や経済の話をされ、教養があるとはこの人のことを言うんだと感じたことがあります。

書店で久しぶりに小説以外の本を探していると、「なんのために学ぶのか」の表紙が目に留まり、今回購入しました。

 

~こんな人に読んでほしい~

・新しいことに挑戦しようと思っている

・教養がある人になりたい

池上彰さんの考え方を覗き見したい

 

~感想~

池上彰さん、やっぱり説明するのが上手ですね!!

全5章、227ページで構成されており、テレビの時と同様に、簡単に解説してくれているので全体的に読みやすい作品でした。

 

-私は、学校の勉強は、実はそれほど好きではありませんでした。私が「学ぶことって楽しいな」と思えるようになったのは、大学を卒業して社会に出てからです。-

この文章を読み、私は驚きました。池上彰さんのような教養のある方は、小学生くらいの頃から学ぶことが好きっと感じていただろうと思い込んでいたからです。

この導入部分で妙に親近感がわき、私も学生時代は勉強が好きではなかったなーっと感じました。

 

「一つの出来事から、問題意識を深め広い視点を持つ」ことが学ぶことにつながると本作の中で語っています。小・中・高校までの学習は受動的な教育を中心に、大学・社会人は能動的な学習を中心に学んでいく必要があります。

私自身、医療系資格を取るための大学ということもあり、どちらかといえば受動的な学びしかしてこなかったなぁ…っと社会人になり痛感した場面が多々あります。

学生の間にこの本に出合いたかったなー…。(笑)

 

特に4章では、「読書」に関して述べており、読書好きな私には興味深い内容でした。

-自分を「他人の思想の運動場」にしてはいけない-

哲学者ショウペンハウエルの言葉です。本を読めば読むほどバカになるとさえ述べていて、驚愕でした。

しかし、池上さんは本を読む必要がないといってるのではなく、読んだ内容をそのまま受け取らず、自分でしっかり考えることが重要であると述べています。

私自身、本を読んだ後に自分の中へ咀嚼していく作業が苦手なので、この言葉には胸に刺さりました。

 

 

~印象に残った文章~

「一つの出来事から問題意識を深め、広い視点を持つ」

 

上記でも出てきた言葉なのですが、教養とはこの文章に凝縮されていると私は感じました。

1つの事象に関して、一方の側面だけでなく多方面から考えられる人こそ、教養のある方だと思います。私は一方の側面からしか考えられないような人なので、これからこの言葉を胸に学んでいきたいなと思います。

 

 

ステイホームの今だからこそ!!

読んで損なしの本だと思います。ぜひ手に取って読んでみてください。

 

なんのために学ぶのか (SB新書)

なんのために学ぶのか (SB新書)

  • 作者:池上 彰
  • 発売日: 2020/03/06
  • メディア: 新書
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かがみの孤城

 

f:id:igaiga7010:20210424172130p:plain

 

皆さんこんにちは!

 

 

辻村深月著「かがみの孤城読了しました。

 

かがみの孤城」は2018年の本屋大賞受賞作! 今年の3月に文庫化されて、本屋でも大きく展開されていますね。どこの本屋さんでも、ランキング上位で人気ぶりが伺えます。

 辻村さんの他作品では、「ツナグ」は映画化されており、映画のみ観たことがあるのですが、すごく感動した作品だったことを覚えています。小説もいつか読もうと思います。

 

 

~こんな人に読んでほしい~

ファンタジー小説初心者

・学生時代に孤独を味わったことがある

・緻密な伏線回収で爽快感を味わいたい

 

 ~あらすじ~

 学校で居場所をなくし家で閉じこもっていた主人公・こころは、ある日突然部屋の鏡が光りだし、鏡の世界へ誘われます。そこには城のような建物とオオカミの面をつけた少女が待ち受けており、同じような境遇をもつ7人の少年・少女は集められていました。

 城に隠されている"願いの部屋の鍵"を3月30日までに探し出すことで、願いをかなえることができるとオオカミ少女に告げられ、少年・少女たちの鏡の城での1年間の物語が始まります…。

 

~感想~

 この本の第一印象は、「読みやすい!!」

 文庫本を購入し、上巻411ページ・下巻365ページと計776ページある長編なのですが、物語に引き込まれ一気読みしてしまいました。

 

 ファンタジー要素が強いので、世界観に入りにくい作品かな?っと構えて読んだのですが、鏡の世界と現実の物語がいい塩梅で展開されており、次の展開を早く知りたくなります。

 

 鏡の城での鍵探しがメインストーリーになるのかと思いきや、主人公たちはあまり鍵探しには没頭しません。もはや、現実世界でのそれぞれの問題の方が印象深く感じました。

 4月の最初の段階では、7人ともそれぞれの性格を探るような関係ですが、月日が経つにつれ親密な関係になっていき、各々の家庭や学校・環境の悩みが徐々に分かっていきます。この徐々に分かっていく感じが、ミステリーやファンタジー作品の醍醐味だと思います。

 

 

 この物語のキーパーソンはもう一人、フリースクールである”心の教室”に所属する喜多嶋先生です。喜多嶋先生は、こころのそばに寄り添って、学校の問題を解決してくれようと奮闘してくれます。私自身、大人になったからこそ、手を差し伸べることにも勇気が必要なことがわかるので、喜多嶋先生のような寛大な心を持つ人になりたいと思いました。

 

 

 辻村さんの作品の特徴であるそうなのですが、人と人のリンクが盛りだくさんに感じました。まさか、この伏線がこの人に関係していた!?っとハッとさせられる場面が多く散りばめられています。

 そのため、読後感は爽快であり、終盤は感動する場面もあり、最高の読書体験を味わうことができました。

 

~印象のある文章~

「闘わなくても、いいよ」

 

 「学校に行くことが正しい」、「学校に行かなくてはならない」と感じていたこころは、喜多嶋先生から上のように声をかけられます。

 一般的には学校に行くことが正義とされる日本社会で、「闘わなくていい」と声をかけてくれる大人の存在はすごく大きいと思います。

 喜多嶋先生のような優しさ・エンパシー能力を持てる人になりたいです。

 

 

 久しぶりに長編ファンタジーに没頭し、本の楽しさを痛感する作品に出会えました。

終盤の展開にはドキドキしながら読むことができ、とても面白かったです。

 ぜひぜひ読んでみてください!!

 

 

かがみの孤城 上 (ポプラ文庫)

かがみの孤城 上 (ポプラ文庫)

 

 

 

かがみの孤城 下 (ポプラ文庫)

かがみの孤城 下 (ポプラ文庫)

 

 

 

 

本屋大賞2021振り返り

f:id:igaiga7010:20210418200443p:plain

 


 皆さんこんにちは!

 

 少し遅くなりましたが、本屋大賞が発表されましたね。

 本屋大賞2021は町田そのこ著「52ヘルツのクジラたち」が受賞されました。おめでとうございます!!

 ぜひ、書評記事を上げているので下のバナーから閲覧ください。

 

igaigadiary.hatenablog.com

 

 私は仕事終わりに本屋大賞発表の動画を見たのですが、町田そのこさんの受賞時コメントには感動しました…。

 

 

 今年の本屋大賞は初めて実際に本を読み、ランキングを予想して楽しむことが出来ました。

 個人的には「お探し物は図書室まで」が2位、「犬がいた季節」が3位と私自身の中の1、2位作品が大健闘していたので大変うれしく思いました!

 

 本はそれぞれ好みの作風やジャンルが大きく異なるので、本屋大賞のおかげで普段読んでいるものと違うジャンルの本に触れる、いい機会ができて楽しかったです。

 早くも来年が待ち遠しい…!!

 

 

 最近は小説ばかり読んでいたので、久しぶりに自己啓発の本でも読もうかなーっと迷い中。

 おすすめの自己啓発本があればぜひぜひコメント欄にて教えてください!!

 

 

 

個人的本屋大賞ランキングー3位~1位ー

f:id:igaiga7010:20210413210536p:plain

  

 皆さんこんにちは!

 

 前回の記事では、第7位~4位までを記事にさせていただきました。

 

igaigadiary.hatenablog.com

 

 

今回はベスト3を前回同様、超個人的に発表させていただきます!

では早速発表します!!

 

 

 

第3位は…

 

 

 

 

加藤シゲアキ著「オルタネート」

 

オルタネート

オルタネート

 

 

 高校生限定のマッチングアプリという設定が最高に面白い!!

 本でしか表現できないような描写が多くあり、本を読む楽しさをストレートに感じられる作品でした。

 3名の主人公が各章ごとに順番に回っていく設定は読みやすく、終盤のストーリーの疾走感には圧巻です。

 青春小説好きな私にはすごくおもしろい作品でした。

 

 

第2位は…

 

 

 

 

青山美智子著「お探し物は図書室まで」

 

お探し物は図書室まで

お探し物は図書室まで

 

 

  司書の小町さんが仕事や将来に悩んでいる利用者に、レファレンスサービスを提供するお話を軸に進行していきます。

 普段、仕事に悩んでる方やこれからの人生に迷いがある方は突き刺さる内容だと思います。

 私も20代半ば、将来のことや仕事のことに悩むことがあるのですが、各章ごとの主人公に共感する内容で、「頑張ろう!!」と素直に思える作品でした。

 そっと背中を押してくれる、おまじないのような言葉が多くあり、御守りのような本に出会えました。
 

 

 

栄えある第1位は…

 

 

 

 

伊吹有喜著「犬がいた季節」

 

犬がいた季節

犬がいた季節

 

 

 第1位は「犬がいた季節」です!

 王道の青春小説となっており、胸にキュンっとくるエピソードや熱くなる友情のエピソードがあり、青春小説好きにはたまらない作品でした。

 高校で飼育している犬を中心に話が展開されていき、卒業していく学生を見送る描写は少し切なさを感じます…。

 私個人的には1章の優花さんの話がすごくお気に入りです。

 青春小説を普段読まない人にもオススメできる作品だと思います!!

 

 

 皆さんは今年の本屋大賞はどの作品が受賞すると思いますか?

 今回は本屋大賞ノミネート作の超個人的ランキングを発表しました。

 やはり、本は人それぞれ好みが分かれるので順位をつけるのは難しかったです…。

  

 明日の本屋大賞発表、皆さんで盛り上がっていきましょう!!